陸上総体

10月17日、愛媛県小学校陸上総合体育大会が開かれました。

子どもたちは、互いに切磋琢磨し合い、そのなかで代表が決まりました。

代表になった選手たちは、選ばれた責任感と期待と不安を背負い、大会当日まで一生懸命練習に励みました。

朝早く、学校の先生方や保護者の方に見送られながら、競技場へ向かいました。

友だちと話し、リラックスしているようで、その実、緊張を隠せない様子でした。

一人、一人と本番をむかえるなか、「やりきったぞ」と言える子たちと、「もうちょっとだったのに、、、」と言う子たちの姿がありました。

どの子どもたちも頑張ったなか、本校では、6年女子ソフトボール3位、6年男子60m走5位という結果を残しました。

他校の強豪選手を見たり、頑張る仲間を応援したりして、貴重な体験を積めたと思います。様々な想いを胸に、この大会を通して子どもたちは成長できたと思います。

この日の体験を、今後の学校生活でも活かしていきたいですね。